合法ハーブで人生を踏み外す事がないようにしましょう

合法ハーブはネーミングに大きな問題があると思います。「合法」という文字が付いていることによって、なにやらタバコのような実際に合法な嗜好品の類似品のイメージで使用している人が大勢いると思います。

「ハーブ」という文字が付いていることによっても、アロマテラピーで健康的なイメージを持ってしまう人もいるでしょう。合法ハーブの類似商品に合法アロマという商品もありますのでこちらも間違いやすいです。合法ハーブの通販サイトは非常に多く、今も増え続けています。

「合法ハーブ」という名称から、「ギリギリ合法ハーブ:偽大麻」とか「グレーゾーン合法ドラッグ」などというもっと健康に悪そうな名称に変更して、法の隙間をついているだけで実際は危険な麻薬に近いということが、子供にもわかる名称に変更した方がいいと思います。

って主張もバカらしいですね。だって売る側からしたら違法性がしないイメージ(実際に違法性はないのだし)を大事にしたいのです。そこでギリギリ偽大麻とか、そんなアホなネーミングをするのでしょうか。馬鹿らしい。合法ハーブの販売側 .からそんな名称をつけるわけがないでしょう。

そもそも、なぜ合法ハーブが合法のままなのかが疑問です。合法ハーブによって被害を受けた事例は行政も把握しているはずなのに、いつまでたっても合法のままで放置したままです。「合法ハーブ」から「非合法ハーブ」に変更できない理由がどこにあるのか、法を決める偉い方々に聞いてみたいものです。

合法ハーブについて騙ります。反対、賛成、合法・遺法。様々な意見があります。
ares-security-psc.info